フレンチブルドッグのブリーダー子犬販売 パピーフレンチ|フレンチブルドッグについて

  • フレンチブルドッグ
  • ボストンテリア
  • ペキニーズ

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの写真

フレンチブルドッグについて・・・

フレンチブルドッグの最大の特徴は、コウモリ耳(立ち耳)で、大きなためか耳でも
豊かな感情表現をします。
イギリスのブルドッグとの決別の象徴としてフレンチブルドッグの
コウモリ耳(立ち耳)は意味をもち、スタンダードではコウモリ耳(立ち耳)以外の
ものは失格と定義されています。
フランスで飼育された当初、コウモリ耳(立ち耳)と
ローズ耳(たれ耳)の個体が混在しており、
ローズ耳(たれ耳)への回帰の傾向が強かったようです。
フレンチブルドッグがイギリスのブルドッグのミニチュア版に帰する事に反対し、
コウモリ耳(立ち耳)にこだわったのはアメリカでした。

●アメリカンタイプ
バットイヤーといういわゆるこうもり耳が特徴です。 顔が真ん丸で大きいのが特徴です。
●ヨーロピアンタイプ
ローズイヤー。 顔のサイズはアメリカンタイプに比べ少し細長く小さいです。

原産国・・・・・・フランス
別名・・・・・・ブルドッグ・フランセ
起源・・・・・・19世紀
平均寿命・・・・・・11〜13年
重量タイプ・・・・・・体重:10〜13kg、体高30.5〜31.5cm
軽量タイプ・・・・・・体重:10kg前後、体高26〜31cm

 

フレンチブルドッグの顔・毛色

口は大きく角張った大きなあごの持ち主で、ブルドッグと比べると体重は成犬時で8〜14kg、体高も30cm前後とかなり軽量で
扱いやすいサイズで、どっしりとした体型、幅の広い胴体、大きな骨、発達した筋肉、足は太くて短い足が離れてついています。

被毛はやわらかく、なめらかな手触りの短毛です。 どの毛色も美しい光沢があります。手入れは比較的簡単ですが、
抜け毛もあります。  主な毛色はブリンドル・クリーム・フォーン・パイドです。
ブリンドル:
 黒などのベースに明るい色の差し毛が入ったもの
フォーン:
 金色っぽい毛色。
 その濃淡によって、レッドやライト・ブラウン、カフェ・オ・レなどバリエーションがある。
 口先が黒いのが特徴的。
パイド:
 白をベースに、ブリンドルやフォーンの模様が入ったもの。
 模様の入り方がそれぞれで、とても個性的。
クリーム:
 薄い黄色の毛色。白っぽいものから茶色に近いものまで様々。

ブラックやグレー、ブラック&タン、マロンなどの毛色は認められていません。

フレンチブルドッグの性格

フレンチブルドッグは、ほとんど吠えず飼育しやすい犬種で、とっても甘えん坊の上、やきもちやきです。
鼻が短くて暑い日にはすぐに息が上がってしまいます。 熱射病にならないように気を使って下さい。
フレンチブルドッグは顔も体もがっしりしているので、一見怖そうな印象をもたれる場合もあるようですが、
実は陽気で愛敬たっぷりのキャラクターです。
また、人の感情や言葉を良く理解する頭の良い犬種で、好奇心も旺盛です。
多少頑固なところはありますので、しつけ時などに根負けしないように。頭が良いので、ほめてしつけるとスムーズにいきます。

フレンチブルドッグの写真

フレンチブルドッグの飼い方

飼い主やご家族に良く甘え、遊んだり、家族を喜ばせたりするのが大好きなので、抱かれたり、寄り添ってうたた寝したりすることで喜びを感じます。
愛想がよく、誰とでも仲よくなれる性質の持ち主で、温厚で無駄吠えも少ないので集合住宅向きの犬種といえます。
フレンチブルドッグは、ただ歩くだけの散歩はあまり好きでない子が多いので、長時間の散歩は必要ありません。
散歩は歩くと言うよりも、遊びの要素が強いと満足し、ストレスの発散にもなります。
体は短毛なので手入れは簡単です。柔らかいブラシで軽くブラッシングします。 
フレンチブルドッグの飼い方で大事なのは顔の手入れです。
目、鼻、口の周りのしわの間は蒸しタオルなどで丁寧に拭きましょう。
これをせずにほっておくと、食べ物のカスやホコリなどがたまり、湿疹ができてしまったりするので、気を付けてあげましょう。

フレンチブルドッグの子犬出産情報は、こちらからご覧下さい。

フレンチブルドッグの写真

フレンチブルドッグのオススメ書籍

フレンチブルドッグぶるるんの銚子電鉄一匹旅!

おばあちゃんフレンチブルドッグと巡るミニ鉄道の旅。
ぶるるん THE MOVIE DVDついてます!(旅占いもついてます)
北野 愛麗(著),田中 流(写真)
単行本; 79p; 18.6x17.5cm
イーストプレス(2009-03)
¥ 1,418 (税込)

ワンちゃんが電車にのって海へと旅する、ほのぼの写真集。
舞台はぬれせんべい騒動で一躍有名になった銚子電鉄です。

フレンチブルドッグの写真

フレンチブルドッグのオススメ書籍

明るく生きるそれがすべてだから うちのコ自慢SPECIAL

フレンチブルドッグ専門誌「BUHI」おなじみの人気コーナー、「うちのコ自慢」が一冊になりました。
日本全国のブヒたちが織りなすしあわせな日々をリアルに感じることができるのも、
人生でフレンチブルドッグに出会った強運なわたしたちだからこそ。BUHI編集部がこころをこめて贈ります。

今回の編集にあたって、どういうものがよいのか、とっても考えました。
載った人だけたのしいのも、どうなのか。載らなかった人も、
たまたこれからフレンチブルと暮らそうと考えている人にも、みんながうきうきするような本をつくりたい、
そう思ったのです。それにはなにか共有できるものが必要でした。
まるでそのコが近所に住んでいるような、親しい存在になってくれたら。

まずはアンケートを大々的に集めました。
何故フレンチブルドッグを飼おうと思ったか、食事はどんな物をあげているか、
よく遊びに行く場所、日頃のケア、「これは使える!」というオススメグッズ、散歩について、
そしてみなさんの愛情をひしひしと感じた、あなたの愛ブヒにひとこと…etc。

それから、敢えて掲載の大小をつけず、シンプルな名鑑としての機能を大事にすること。
ゆっくりと、1ページずつ捲られることを――ぼくらはいま想像しています。

BUHI編集部
B5判オールカラー128ページ
定価1,260円(税込

フレンチブルドッグ好きの有名人

フレンチブルドッグは年々、人気が高まっていますね。
皆さんがご存じの有名人の方では、どんな方が飼っていらっしゃるのかと探してみたら、この通り!
有名人のみなさんもフレンチの魅力にとりつかれていますね。

V6の岡田准一くんが飼っているフレンチは『さつま』と名付けているそうで、
ユーミンさんのフレンチは、小柄なクリームの男の子で「ブヒちゃん」だそうです。

ちなみに、こんな有名人の方々もフレンチブルドッグを飼われていらっしゃる様ですよ。

槇原啓之さん 勝村政信さん 嵐の二宮くん 藤田朋子さん 松居直美さん モデルの川原亜矢子さん アレジの奥様の後藤久美子さん
びびる大木さん フィギュアスケーターの安藤美姫選手 歌手のヒトミさんカヒミカリイさん 柳楽優弥さん リリーフランキーさん

沢山いらっしゃいますね〜。 フレンチ大人気です!!